暑い季節の掃除機かけを快適にするには?

とにかく暑い夏の掃除機かけを少しでも快適にする方法は

真夏の暑い日の掃除かけを少しでも快適にする方法とは

主婦の皆さんにとって毎日の家事はとにかく大変で消耗しますし、負担が大きい作業になります。 特に暑い夏の家事は30度越えの真夏日などが続くともう倒れそうになるくらいつらい作業の連続ですね。 そんな中でも素家じゅうの掃除はとてもきつくて嫌になってしまいます。

真夏の掃除は特につらくて汗だくになってしまう

特に夏になって気温が30度以上になってしまって真夏日が何日も続くと、ただでさえ何もしたくなくなるのに大きな掃除機を抱えて家中を掃除して回るのってとてもつらいですね。 それも各部屋全部にエアコンがついてなかったり、部屋から部屋への移動などするとすごく汗をかいて消耗してしまい、とても疲れる作業です。

暑い季節の家事は特に大変で体力を消耗する

近年の真夏の猛暑ぶりにはうんざりしてしまって何もしたくなくなってしまうぐらい暑いですが、それでも許してくれないのがたくさんたまった家事の数々ですね。
火を使う料理の支度はもちろん、山のような洗濯物を見るだけでもぞっとしてしまいますし、しかもそれに家じゅうの部屋とリビング、浴室にキッチン、さらにはトイレまわりまでやらなくてはいけないとなると掃除機を持つ気にもならないくらい真夏は暑いです。
ただ季節に応じて掃除の方法も結構異なるものなので、季節に合わせた掃除の仕方で乗り切りたいものです。
まず真夏は湿度は高くなりますが着用する衣類や寝具も数が減るため、基本的に秋や冬に比べて埃は出にくい季節となります。
これを利用して疲れてしまうほど一気に掃除をするよりはこまめにワイパーなどで拭き掃除を普段から行っておく方が圧倒的に掃除は楽になります。
また、熱いという事はどうしようもないのでなるべく軽装にして掃除機をかけるのはスポーツだといった感覚で思い切り汗をかいてしまうのも方法の一つかと思います。
その後に思いっきりシャワーを浴びるとかアイスを食べるとかご褒美を用意しておくとモチベーションが上がります。
また、それを行う際には首巻タオルや背中にタオルを入れるなどすると汗対策になり割と快適に掃除機かけができます。
さらに首巻タオルの中にタオルで巻いた保冷剤などを入れておくと首回りを冷やすことによって冷感効果が期待できますからぜひやっておくとよいでしょう。
このサイトでは暑い季節の掃除機かけを快適にする方法について調べてみたいと思います。


暑い日の掃除機かけを快適かつ楽にしてくれる効果的な方法は

まず夏そのものについてですが、夏は着衣の数も寝具も少なく、さらに湿度が高いので、秋冬ほど掃除をする頻度自体は減ると思われます。 そんな時は湿式のフローリンググワイパーなどを活用するようにすると掃除機の出番が少なくなり、掃除自体がとても楽になります。

TOPへ戻る