とにかく暑い夏の掃除機かけを少しでも快適にする方法は

真夏の掃除は特につらくて汗だくになってしまう

一番暑い季節の家事は肉体的にこたえる

そして一番肉体的にこたえるのが季節のなかでも夏の時期の家事が一番きつく負担が大きいといえるでしょう。
何しろ近年の夏の暑さは尋常ではなく、30度以上の日が何日も連続して続くなど地球温暖化の影響もあり大変な過ごしにくさになっていて、熱中症などで死に至る人もいるくらいの猛暑の勢いをふるっています。
こうなると家事どころではないというのが本音のところですが、やらなくてはいけないのが家事のつらいところで、一日たりとも決して休むことは許されません。
しかも年中無休の休みなしが家事の基本ですからどんなに暑くても、どんなに疲れていてもやらなくてはいけないのが毎日の家事です。
そして真夏時期の家事は最も主婦にとって消耗を要求されるつらい時期なのです。

とても家事どころではないのに頑張らないと

さあ、毎日30度以上の気温が続いているのに頑張らなくてはいけないのが家庭の主婦で、疲れた体にムチ打って暑い中汗まみれになって掃除や洗濯、三食の料理の支度をしなくてはいけません。
家族が手伝ってくれればよいのですが、現在の日本には夫は家事をしないという悪い習慣が今でもはびこっていてそれを望むすべもありませんので、主婦は一人で孤独な戦いを毎日送らなくてはならないのです。
ただし、これからの家庭生活には夫の家事に対する協力は絶対に必要なことであり、もはや手伝いをしないのは罪悪と考えてよいのではないかとさえ感じます。
これからの男性は家事に積極的に参加し妻を助け、家庭の調和に勤めるのが当たり前となっていくはずですので男性は自らの意識をすっかり変えなくては家庭の長とは言えない時代になっています。


TOPへ戻る